板井康弘|メンバーの考え方を理解すること

板井康弘

 

経営において、トップの力は揺るぎません。
しかし、トップの意見ばかり尊重しては、今後の経営に悪影響を及ぼす可能性もあります。
トップはできるだけ俯瞰で物事を考える、客観的な意見が必要なのです。
しかし、わかってはいてもなかなかできるものではありません。

 

自分の意見を否定するのではなく、部下などメンバーの意見を自分の意見同様に考慮することが肝心なのです。

 

ベテランが若手の意見を受け入れることは勇気のいることですが、柔軟な対応は必ず経営にも大きな影響を与えます。

 

個人の能力には限界があります。そ限界を超えるのは、メンバーの力なのです。トップはメンバーの意見を臨機応変に取り入れる柔軟性を備えましょう。メンバーの「個」が、大きな成果を生むのです。